Hibワクチン・小児肺炎球菌ワクチン・子宮頸がんワクチンについて

2013年04月01日

予防接種法の改定により、平成25年4月1日より『ヒブワクチン』・『小児肺炎球菌ワクチン』・『子宮頸がんワクチン』が新たに定期予防接種となります。

※子宮頸がんワクチンの接種対象者の年齢が変更となりますのでご注意下さい。

≪実施期間≫ 平成25年4月1日から

≪対象年齢≫ ・ヒブワクチン・・・生後2カ月~5歳未満

          ・小児肺炎球菌ワクチン・・・生後2カ月~5歳未満

          ・子宮頸がんワクチン・・・小学校6年生相当~高校1年生相当の女の子